旅の疲れを癒す済州島のマッサージ

これまで日本、韓国、ベトナム、中国でマッサージを受けてきましたが、今回の済州島旅行中についにベストのマッサージ店を見つけましたので、紹介します。

お店「Thai」というタイ式マッサージ店です。

韓国語の勉強を兼ねて、ご興味のある方は下記のサイトをご参照ください。
済州島マッサージ店「Thai」のサイト

「Thai」に到着

今回の済州島旅行中はレンタカーを運転して移動していたので、歩き疲れなどは無かったのですが、ちょっと正直食べ過ぎの私と妻。

そんな私たちが「胃の調子を整える」為に急遽地元で有名なマッサージ店を探して見つけたのがこのお店です。

韓国人のブログを見る限り評価も高く、内装も綺麗だったのでここに決定しました。ホームページには料金は書いておらず、電話で確認したところ、アロママッサージを100分で12万ウォンということでした。

お店は済州島の雰囲気にぴったりの異国的なデザインです。

韓国の猫はふつう人間を見ると一目散に逃げていくのですが、ここの猫はのんびりとお昼寝しており、私たちが近づいても気にも泊めません。

済州島の方々は、猫に優しいのかな?

お店の雰囲気

入り口の猫にサヨナラした後、受付を済まし、しばらくフロアーの椅子で待機中。

ソウルのような町中の店舗とは違い、とっても広い空間を演出しており、開放感があります。

また、置かれている家具やインテリアもチェーン店には無い高級感を感じさせてくれます。

マッサージ師の方と部屋の準備が整うまで、お茶を飲みながらアロマの香りを選びます。

香りはジャスミン/レモングラス/ペパーミント/ユーカリの四種類ありますが、私はこの辺は疎いので有名なジャスミンにしました。

準備が整い二階に案内されます。

ルームは5部屋ほどありそうでしたが、平日という事もあり、どうやら私たち2人しかいないようでお店を貸し切り状態でした。

男性用の着替え室で全ての服を脱ぎ、ロッカーにあるバスローブに着替えます。

上の写真では、見えませんがロッカールームにはシャワー室もあり、それ以外の小物(タオル、綿棒、歯ブラシなど)も揃っているため、手ぶらでまったく問題ないです。

マッサージ

マッサージの前にラベンダーの香りがするお湯で足を洗います。

5分間ぐらい浸けていたと思いますが、香りと暖かさでリラックス出来ます。

ここからマッサージのスタート!

妻と並んでマッサージを受けているのですが、ある事に気がつきます。

「あれ、妻と私で部位ごとのマッサージ時間が違う」

そう、通常であれば2人とも殆ど同じペースでメニューが進むはずですが、ここはマッサージ師の方が、お客様のこっている部分や、歪んでいる箇所があるとそこを見つけて重点的にほぐしていきます!

これには、私と妻もビックリ。

私の場合、肩甲骨、ふくらはぎ、腰、あと頭痛があったのでその辺を重点的にケアして頂きました。

「翌日、ちょっと痛いかもしれませんが、折角こられたのしっかりマッサージしますね♪」といわれ、痛気持ちいい100分となりました。

普通は「腰がこってますね〜」と言われる事はありますが、体の左右のゆがみや、頭痛、過去の運動の怪我など話をしながら、妻と私それぞれに合ったメニューでマッサージを受けれたのは、初めてで妻も大満足♪

韓国語に自信がある方には、是非オススメしたいお店です!

最後までお付き合い頂き、カムサハムニダ!

前回:済州島のペンション(動物園?)
次回:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA