済州島のペンション(動物園?)

久しぶりに済州島の旅行について、書いていきたいと思います。

この旅行では二つのペンションに宿泊したのですが、本日紹介するのは「ログベロー」という名前のペンションです。

ホテルと違い、それぞれのオーナーの個性が部屋の作りにはっきり出るので、個人的に好きです。

ログベリー

ここのオーナーさんは二種類のコンセプトで経営しており、1つはコンクリート造りの近代的なハウス。

そしてもう1つが、木製の丸太小屋です。

動物がお出迎え

妻がこのペンションを選んだ理由はただ1つ。

私が動物が大好きだからです。

それでは、ここで出逢った動物達を紹介します!

1. アヒルの家族

アヒルって飛べなかったけ?まったく逃げ出すそぶりを見せません。

2. ウサギさん

小さな子ウサギ達が沢山いて、その辺の葉っぱをあげるとムシャムシャ食べてくれます♪

3. 豚の兄弟

これは、済州島名産の黒豚では無いのでしょうか…。ハーフ&ハーフ?

4. 脱走中のヤギ

もう柵の外の葉っぱまで食べているヤギが二匹。

殆ど、放牧状態ですが、食べ終えると自分で柵の中にジャンプしていきました。

ペンションの内装

妻と2人で宿泊するので、一番小さなコテージを選択しました。

料理する為に必要な食器類はすべてそろっており、外でバーベキューも出来るそうです。

奥に見えるのがトイレ・シャワー室、ちょっと汚いかもと心配しましたが、まったく問題なかったです。

これで、一泊2人で1万円であれば、安いと思いますので、オススメです!

ログベリーには2泊し、帰る時には鍵をキーボッスクに入れて終わり〜♪

帰り道になぜかトランスフォーマーとミニオンズがいましたので、その写真もあげておきます。

韓国人のブログ

최강여니님의 블로그で、ログベリーについて記事をあげておりますので、生きた韓国語の教材として一度読んでみてください!

最後までお付き合い頂き、カムサハムニダ!

前回:韓国のペンション(ロフト付き)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA