フレーズを覚えればすぐに韓国語がしゃべれるようになる!

今日、開催した韓国語講座では初級の生徒さん向けに単語を基にフレーズを作る練習をしました。

韓国語の書き方や読み方を学ぶことも確かに大切ですが、私個人としては、フレーズを先に覚えてから、そのハングルはどのように書くのか覚えて行く方が、耳(音)から韓国語を覚えることが出来るためオススメです。

ホワイトボードに単語の書かれた紙が見えると思いますが、それは、私が事前に書いて置いた単語です。

ボードに直接書いているのは、授業の途中に生徒さんから聞かれた単語です。

日本人は単語や文法を覚えるインプットは得意ですが、それを会話の形でアウトプットするのが不得意な人が多いかなと思います。今回の練習は、単語を入れ替えることで多彩な質問が出来るようになる練習です。

インプットとアウトプットのバランスが重要ですので、独学で勉強している方は、音読しながら練習することをお勧めします。

語彙力がついてきたら、自分が言いたいフレーズを作って「ひとり会話」に挑戦してみて下さい。本当にすぐに喋れるようになります♪

フレーズ

학생 입니다 (ハクセンイムニダ) = 学生です

친구 입니다(チングイムニダ) = 友達です

일본사람 입니다 (イルボンサラミムニダ) = 日本人です

한국사람 입니다 (ハングクサラミムニダ) = 韓国人です

중국사람 입니다 (チュングクサラミムニダ) = 中国人です

회사원 (フェサウォン) = 会社員です。

밥 먹었어요? (パプ モゴッソヨ) = ご飯食べましたか?

제일 귀여워요 (チェイル キヨウォヨ) = 一番かわいいです

유학 갔을 때 한국 사람이 제일 많았어요 (ユハク カッスルテ ハングク サラミ チェイル マナッソヨ)
= 留学に行った時は、韓国人が最も多かったです。

주로 친구랑 바다로 놀러 갔어요 (チュロ チングラン パダロ ノルロ ガッソヨ)
= もっぱら友達と海に遊びに行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA