留学せずとも、90日で韓国語がしゃべれるようになる方法

韓国語は日本人にとって、最も習得しやすい言語の1つであり、毎日正しく勉強すれば、90日でしゃべれるようになります。

 

韓国語どころか、ハングルもまったく読めなかった超初級からスタートし、韓国の大学を卒業した筆者が、90日で話せるようになるポイントを説明します。

 

当時の私と同じように、一人で頑張ってる方の参考になれば幸いです。

当時の問題と不安

当時の私の問題や不安をまとめると下記の通りです。

ハングルが象形文字にしか見えず、読むことが出来ない…
⇒ 解決法:動画で学ぶハングルの構成

正しく発音が出来ているか不安…

自分の表現が正しいか確認が出来ない…

変則活用が難しい…
解決法:動画で学ぶ変則活用

単語を覚えても、会話になると言葉に詰まってしまう
解決法:会話を上達させるコツ

覚えては忘れ、覚えては忘れを繰り返しているため、結局テキストの最後にたどり着けない

独学では上達しない理由

今思えば、韓国に留学すると決めていたのであれば、日本で独学などしないで、すぐに韓国に行くべきだったと正直後悔しています。

 

その理由は、独学の6ヶ月より留学の1ヶ月の方が遥かに韓国語が上達したからです。

 

では、なぜ留学した方がいいのか、それは相手がいるからです。逆に話し相手さえいるのであれば、留学しなくとも韓国語をマスターすることは十分可能です。

 

当たり前のことですが、この部分を疎かにし、一人でテキストを眺めて、伝わるか伝わらないのか分からない発音でブツブツ練習していたのが、留学前の私の姿です。

 

言葉というキャッチボールを学ぼうとしているのに、相手を捜してボールを投げようとせずに、教科書に書いている「投げ方」を勉強しているのですから、投げれるようになるはずないですよね…。

何とかして、相手を見つけて投げ方(言葉の投げかけ方)を教わり、自分が投げかけたボールが相手が取れる(聞き取れる)ものかを確認することが何よりも重要です。

 

もし、相手が聞き取れていれば、あなたにまたボールが帰ってきます。そして今度はそれをしっかり取れる(聞き取れる)かどうか、あくまでその為の勉強であることを意識することが大切です。

ハングルの読み方

相手とうまくキャッチボールをするという前提で、基本的なボールとグローブの握り方(ハングルの読み方)を知っていることが必須です。

 

ハングルは象形文字のような形をしていますが、実際はアルファベットで構成されています。なので、その法則さえ掴めばすぐに読めるようになります。

 

例えば日本語も「か」は「k+a」ですよね。それと同じで韓国語の場合ㄱ(k)+ㅏ(a)= 가 (ka)となります。

韓国語は表音文字のため、読み方はそこまで難しくはないです。

 

詳しくはハングルの構造で説明しておりますので、そちらをご参照ください。

正しい発音の身につけ方

韓国語の中には、日本語では明確に区別しない発音があります。

ここでその違いについて簡単に説明します。

平音、激音、濃音

  • 平音(ㄱ,ㄴ,ㄷ,ㄹ,ㅁ,ㅂ,ㅅ,ㅇ,ㅈ,ㅎ
    特に注意する必要はありません。濁音になる場合とならない場合がありますが、韓国人が清音と濁音を明確に区別していない為、気にしなくても大丈夫です。
  • 激音(ㅋ,ㅌ,ㅍ,ㅊ)
    息を強く吹き出しながら発音するため、まったく濁らない発音です。日本人は平音と激音は訓練しないと発音出来ませんし、聞き分けられません。
  • 濃音(ㄲ,ㄸ,ㅃ,ㅆ,ㅉ)
    激音は息を強く吐き出す、つまり力が口から前に向かうのに対し、濃音は頭に向かって強く発声するイメージです。例えばカラスの「カー!!」です。強く発声するのは激音と同じですが、その方向が違います。

「ㅓ /ㅗ」、「ㅕ/ㅛ」

「어」、「여」は口を大きく開け、舌を奥に引っ込めた状態で「お」と発音します。イメージとしては、口の大きさは「あ」であくびをしている状態で発音する感じです。

「오」、「요」は唇を突き出した状態で「お」と発音します。イメージとしてはタコの口で「お」と発音する感じです。

「ㅁ」、「ㅍ」、「ㅃ」

この発音は口をしっかり閉じて発音します。日本人は口を閉じ忘れてそのまま次の発音に移ってしまうことがあります。

「ㅇ」、「ㄴ」

  • 「ㅇ」
    鼻音で「ん」の発音をします。鼻音とは鼻から空気を出しながら発音します。
  • 「ㄴ」
    舌が口の上に着いた状態で発音します。
    ※因に日本語の漢字で「ん」と発音する場合、ハングル表記で「ㄴ」と書く場合が殆どです。例)安全=안전

 

聞き取り

韓国の語学スクールに通い始めた時は、初級の初級からスタートしたため、授業中の先生の言葉は一言も聞き取れませんでした

 

あまりに聞き取れなかったため、先生に心配されましたが、その先生の言葉も聞き取れないのでどうすることも出来ませんでした…。

 

幸い私は1年の長期留学だったため、時間的に余裕があり、毎日授業に参加していると、少しずつ先生や同級生の言っていることが理解出来るようになりました。

 

短期留学を準備している方は、韓国語に自分の耳が慣れなじめた頃に帰国ということが無いように、無料の韓国講座などを通して事前に韓国語の授業を受講することをオススメします。

高麗大学の韓国語通信講座

無料の韓国語講座の中でもずば抜けて体系的に教えているのは高麗大学の韓国語通信講座です。

 

始めは、何を言っているか分からないと思いますが、それは、いざ留学した時も同じですので、事前に練習して少しでも耳を慣らしておく方が良いです。

 

単語とフレーズを文字に起こしてホームページにあげておりますので、留学を計画している方は、是非最後まで受講してみて下さい。

 

頑張って受講すれば教室内で使われる単語とフレーズは聞き取れるようになります。

韓国ドラマで聞き取り

通信講座の授業に耳が慣れてきたら、ドラマで聞き取り練習をしてみましょう。

 

教科書の綺麗な発音だと聞き取れたフレーズも、ネイティブ同士になるとそのスピードについていけなくて聞き取れない事ってありませんか?

始めは全く聞き取れなくてもいいので、字幕なしでどれくらい聞き取れるかチェックしてみましょう!

楽して覚える方法

韓国語の勉強をして苦労したのが、一生懸命に新しい単語を覚えても、その一方で前日に勉強した単語を忘れてしまうという点でした。

その解消法として、ネイティブがよく使う単語に絞って「完璧に使いこなせるようになる」まで徹底的に練習することです。

 

特に覚えた単語や文法の数が少ない間はいいのですが、それがだんだんと増えるにつれ新しい単語を覚えても、会話で使える程、記憶しておくことが難しくなります。

 

その問題を解決する為に、私が取った方法は、覚えたい単語とその例文をノートに書いてそれを韓国人に音読してもらい、自分の単語、フレーズ集を作ることです。

 

今はアプリで発音もチェックできるので、ぜひ活用して自分のフレーズを作ってください。私が作ったフレーズ集をは次の通りですので、よかったら使ってみてくださいね。

Kachi韓国語 初級単語部

フレーズ暗記

当時は、スマートフォンが無かったため、カセットテープ録音したフレーズを移動時間中に聞いていました。

 

この方法のメリットは、自分がどんな単語を勉強したのか、その単語がどういったフレーズで使うのかをネイティブの発音で毎日確認することが出来ることです。

 

一度、自分が学んだことのある単語を聞き取れなかったら、それは自分が「覚えているつもり」だった事に気が付くことが出来ると共に、大量の単語を忘れずに頭の中にインプット出来ます。

 

この勉強法により「単語」、「文法」、「発音」、「瞬発力」を同時に鍛えることが出来ます。またそこで覚えたフレーズの単語だけ実際の会話の状況に合わせれば、正しい表現になります。

 

私がone-phrase韓国語講座をしている理由はこれらのメリットの為です。

 

会話の秘訣

会話の秘訣は、自分から話しかけることが大前提ですが、必ずした方が良いのは何らかのグループの一員になることです。

留学中に韓国人の友達を簡単に作る方法(サークル)

 

私の場合は、韓国の「演劇部」、「ボランティア」、「大学の通訳協会」などに参加しましたが、そもそも日本人が一人もいなかったので、韓国語でしゃべらないと誰ともコミュニケーションが取れない状態を自分から作ることが大切です。

 

もちろん、異国で新しい人間関係を築いていくことは本当に大変ですし、ストレスも溜まります。でも、それが出来た人と、出来なかった人では、結果がまったく違ったものになります。

留学してからじゃ遅い!知れば得する韓国留学のリアルな悩みとは!?

 

留学を考えている方は、本当にここが頑張りどころですので、勇気を出してインターネットなどで自分の興味と合ったグループを探してみて下さい。

勉強会への参加

韓国ドラマを教材に瞬発力ある会話の取得に特化した学習法「学ぶ場」とそれを実際に「使う場」という2つの環境をコミュニティのメンバと一緒に作るために、月例で勉強会を開催しております。

月例勉強会を通して、昔の私と同じように韓国語の学習でつまずいているメンバーのお役に立てるようコミュニティを運営しております。

第8回Kachi勉強会_横浜編(報告)

第9&10回Kachi勉強会_大阪編

 

まとめ

韓国語は他の外国語に比べて、日本人にとっても最も勉強しやすい外国語です。

 

ただし、私がそうだったように、一人で机で勉強してもいつまでも上達しません。

 

なぜなら最終的な目標は誰かとコミュニケーションを取ることであり、本当にしなければならないことは、自分の表現や発音が少々正しく無くとも相手に伝わるのかをチェックしてもらう必要があるからです。

 

そして、実際に韓国語を使う環境に身を投じ、相手の言っていることを聞き取る練習をします。始めは聞き取れなくてもいいです、挑戦するその行動が大切です。

 

そして、聞き取れない言葉は、お願いして韓国語で書いてもらうようにします。家に帰ってから辞書を引いて、意味を理解し、フレーズを作ったら、次に会った時にどんどん使って下さい。

 

若しも、フレーズが溜まってきて毎日勉強する時間が無くなってきたら、フレーズを録音してもらい通学時間にそれを聞き流して忘れないようにして下さい。

 

それを90日間欠かさず繰り返せば、韓国語を話すことは十分可能です。

 

韓国語の勉強を頑張っている方々の少しでも為になれば、嬉しいです。

メルマガ登録

コーチ
コーチ
メルマガ登録頂ければ、更新する度にお知らせ致します。

継続的にドラマで勉強したい方は登録の程、よろしくお願いします。

1. 反復聞き取りの配信
ホームページを訪問しなくても
あなたのメールに自動的に送られます。

2. 韓国語学習の秘訣を公開
会話が伸び悩んでいるみんなの「悩み」と
その対策などを共有します。

3. 勉強会の告知
いくらいい教材があっても
一人だとやっぱり続かないですよね。

そのような方のために、月1を目標に
Kachi勉強会を開催してます。

無料メルマガの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA