【韓国語:入門編】会話が苦手な人がやる間違った勉強法

ちょっと、ちょっと!


そんな単語の覚え方しても1週間後には、「えっ、こんな単語やったっけ?」って、びっくりするくらいキレイさっぱり忘れてますけど大丈夫ですか?

もしあなたが1年間以上、韓国語を勉強しているのに、自信をもって言いたいことを言えずに、いつも「傾聴」に徹しているしていたら、ぶっちゃけ、間違った勉強方法を続けてますよ。

 

そのままだと「ず~~~~~と」しゃべれないままなので、そろそろ学習方法を見直した方がいいです。

 

そんな方に私がオススメする勉強方法と無料のアプリを教えます!

この記事の後半では、ほぼゼロから韓国語を勉強した方が、この勉強法を1年半続けた結果、どのくらい韓国語が伸びたかもシェアしますので、最後まで楽しんでくださいね!

間違った練習方法

突然ですが2つ質問です。

 

質問1
あなたは1週間で何時間勉強してますか?
質問2
そのほとんどを読み書きのアウトプットに多くの時間を割いてませんか?

 

会話が伸びない人によくある原因は、とってもシンプルです。

 

それは読み書きに多くの時間を割いて、実際の会話を想定した「音ベース」のアウトプットをしていない点です。

 

もしあなたが読み書きに多くの時間を割いているのなら、会話とは全く真逆の勉強をしていますので、いつまでもあなたが夢見た「しゃべれる」には到達するのは無理です。

 

どれくらい無理かというと、野球のピッチャーの投球練習をしながら、「俺はホームランが打ちたいんだ!!」と言ってるくらい無理です(笑)

 

いやいや、気合ではうまくならないんだから、取り合えずバット持って来て素振りしろよって話です。

正しいアウトプットの方法

韓国語の会話を伸ばす意味の「素振り」とは、音のコミュニケーションのアウトプットであるしゃべり」で練習するということです。

 

それを図で示すと次の通りです。

本当に当たり前の話ですよね?

 

でも意外とみんな読み書きばっかりやりながら、「会話が伸びない!」っと苦しんでます。

 

そんな悩みを抱える方は、まずは会話とは音のコミュニケーションであることを念頭に置いて、その目的に合ったインプットとアウトプットに多くの時間を割くことをオススメします。

 

難しいのはわかってます。だって、読み書きは楽チンですからね。

 

でもそれで満足ですか?

 

折角なら韓国語で会話をして、コミュニケーションが取れる楽しさを味わってみたくないですか?

 

えっ?でもどうやって勉強したらいいのかわからないって?

安心してください。そんな方のために私の方で無料のアプリを作りました!

 

次はそのアプリを使って、どうやって練習したら効率的に「使いこなせる」ようになるのか説明していきますね。

無料アプリを使った練習方法

ここからはアプリを使いながら具体的な練習方法を説明していきますね。

 

このアプリを使って練習する時に、意識して欲しい3つのポイントは次の通りです。

  1. 単語は原形で覚えて満足しない
  2. 難しい単語をたくさん覚えない
  3. 頭で理解しない(耳と口で覚える)

 

ぶっちゃけ、単語帳に乗っている順番の通り、何も考えずに単語を覚えたとしても会話では役に立たないです。

 

次に韓国語を使う機会があったら「ぜったいつかってやる!!」という気持ちで練習しない限り、その単語や表現をタイムリーに使いこなすことはできないです。

 

単語は原形で覚えて満足しない

突然ですが、「する」って韓国語でなんと言いますか?

そうですね、するは韓国語で「하다(ハダ)」ですよね。

 

 

でもちょっと待ってください、実際の会話や韓国ドラマで「하다」って原形のまま使うことって頻繁にありましたっけ??

 

 

多くの方が、既にご存じの通り、答えは「No」です。

 

 

ここで次の質問です。原形だけなく活用形も含めてきちんと単語を覚えていますか?

 

 

それを確認できるように私が作ったアプリの単語帳では、原形+現在形+過去形を併記してます。

会話で使う形で覚えていない人が大多数だからこそ、いざ会話になった時に活用変換がうまくいかずに会話が止まったり、自信が無いので語尾を濁したりすることがあります。

 

えっ、現在形と過去形くらいならすぐに言えるって?

 

 

では、次の動詞の原形+現在形+過去形を3秒以内に言って下さい。

いかがでしたか?

 

 

野球の打席に立ったバッターが飛んでくるボールを打ち返すかの如く、瞬時に回答出来ましたか?

もし3秒以内に回答できなかったり間違えていた場合は、それは覚えているとはいいません。

 

 

それは「知っているだけ」です。

 

 

知っているだけの知識は瞬発力が求められる会話では使い物にならないです。

 

範囲を絞って使いこなせるまで練習する

これは残念なお知らせかも知れませんが、教科書を頻繁に買い替えてる人も会話は伸び悩みます。

 

その理由は次の二つです。

  1. 買って満足して勉強してない(笑)
  2. やってもうる覚えで会話で使えない

 

そもそも、日常会話にこむずかしい単語や文法なんて使わなくていいです。

 

 

簡単な単語を文法を使ってシンプルで分かり易い短文で話す方が、相手にとって聞き取りやすい韓国語になります。

 

 

だからまずは、あれこれ手を出さずに、日常会話でよく出てくる単語と文法に範囲を絞ることが大切です。

 

 

でも、どうやって範囲を絞ればいいか分からないですよね?

 

 

だから私が日常会話でよく出てくる動詞126個、 形容詞47個、 文法45個を選んでおきました!しかもよく使われる単語や文法順に優先順位をつけて並べていますので、何も考えずに前から覚えていけばOKです!

 

 

たくさんの単語を一時的に覚えても、1週間したらほとんど忘れてしまします。

 

 

でもこうやって範囲を絞って、口で覚えるまで反復して練習することで、実際の会話で使いこなせる韓国語を身に付けることが出来ます。

学習の成果

このアプリと私のメルマガ教材で1年半勉強した方の音声日記をシェアします。

どうですか?とても1年半とは思えないくらい自然ですよね?

 

 

ちなみにこの方は留学もしたことないし、それどころか韓国語の教科書は一切持ってないです。

 

 

学校の授業のように教科書があるとどうしても「読み書き」ベースの勉強になり、会話が伸びる速度が遅くなるから、私から買わないように言いました。

アプリのリンク

この私の単語帳は下記のリンクから無料で公開しています。

 

会話のための練習に興味がある方は、一度挑戦してみてくださいね。

https://quizlet.com/join/EMBAgBQyx

無料メルマガ

コーチ
コーチ
読み書きではなく、会話だけを伸ばしたい人のためのメルマガを発行してますので、もし興味があれば登録してみてくださいね。

パソコンからだと登録できない場合があるそうですので、スマートフォンからの登録していただけると幸いです。

1. 韓国ドラマの聞き取り教材を配信
ホームページを訪問しなくても一週間に1回、あなたのメールに自動的に送信

2. 韓国語学習の秘訣を公開
会話が伸び悩んでいるみんなの「悩み」とその対策などを共有

3. 勉強会の告知
いくらいい教材があっても一人だとどうやっていいか分からない…。そんな方のために、月1を目標にKachi勉強会を開催

無料メルマガの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。